作品名
作者
そして誰も帰れなくなった
佐々木杏
演出(初演)
種市翔吾
初演校
八戸工業高等専門学校
​初演日時・会場
2011年9月18日・八戸市公民館
主な出演者
​(任意)
中村 悠治 佐々木杏
主なスタッフ
​(任意)
種市翔吾 田名部宏平
登場人物数
2人(男1,女1)
上演許可連絡先(Mail)
内容メモ
​(設定・あらすじ、等)
東日本大震災から10年後の夏休みのある日、日本のどこか(原発の近くから電車で来られる場所)の、ある高等専門学校の1室。地盤工学の再試験を受けるためにやってきたユウヤは地震による停電のためにJRが止まり、家に帰れなくなっている。担当の教員は臨時の会議に出ている。そこに、地学愛好会の会員であるミサキがやってきて、2人で教員を待つ羽目になる。所在無さに自己紹介を始めるが、やがてそれぞれ家族から電話がかかってきて、ユウヤの姉とミサキの父が働いている原発で事故が起きたことを知る。ミサキは福島の事故で被爆したことを明かし、今度の事故がいつ収束するか見当もつかないと語る。ユウヤが、いつ家に帰れるか、と嘆くところで幕になる。
主な上演記録
2011年9月18日 八戸市公民館 第51回三八・上北地区高等学校演劇合同発表会兼県大会地区予選
2011年10月26日 八戸市公民館 第32回青森県高等学校総合文化祭演劇部部門発表会 
2011年12月16日 山形市民会館 第44回東北地区高校演劇発表会
備考
-