作品名
作者
この青空は、ほんとの空ってことでいいですか?第2章「ばらあら、ばらあ」
佐藤茂紀
演出(初演)
光南高校演劇部
初演校
福島県立光南高等学校演劇部
​初演日時・会場
2013年6月・矢吹町文化センター
主な出演者
​(任意)
-
主なスタッフ
​(任意)
-
登場人物数
6人(女6)
上演許可連絡先(Mail)
内容メモ
​(設定・あらすじ、等)
福島県県南地区のとある高校演劇部の生徒達6人は帰宅困難区域にほど近い(と彼らが思い込んでいる)里山の中を彷徨っていた。そして彼らが辿り着いたのは川内村の平伏沼らしい沼の畔。6人の思いと抱える問題はそれぞれ異なっていたため、互いにぶつかる。ぶつかりながらも6人の女の子は歌って踊ってくっちゃべって掛合い漫才をして干涸びたカエルを携帯のストラップにしてシャチを放流してついにはカエルの交尾をみんなで応援したりする。が、問題の解決には至らない。そう、全く何も解決はしないのだが、彼らは確かな生の実感を共有する。
「この青空は、ほんとの空ってことでいいですか? 第二章 ばらあら、ばらあ」。今、新しい物語が始まる。
主な上演記録
2013年6月 県南地区春の発表会 白河市文化センター 
2013年10月 県南地区コンクール 矢吹町文化センター                                                       
2013年11月 福島県高等学校演劇コンクール 福島県文化センター
2014年1月11日 千葉県鴨川市 長狭高文化ホール
2014年1月13日 千葉県長生村 長生村文化会館
2014年8月29日〜30日 第12回全日本演劇フェスティバル 福島テルサ
備考
-