作品名
作者
この青空は、ほんとの空ってことでいいですか?
佐藤茂紀
演出(初演)
今野健太
初演校
福島県立あさか開成高等学校演劇部
​初演日時・会場
2011年6月17日・三春町芸術交流館まほらホール
主な出演者
​(任意)
-
主なスタッフ
​(任意)
-
登場人物数
12人(男4、女8)
上演許可連絡先(Mail)
内容メモ
​(設定・あらすじ、等)
福島県のとある高校の演劇部。「智恵子抄」を題材に芝居を上演しようとする女子生徒に、男子生徒が反発。部内に亀裂が生じる。原発事故によってばら撒かれた放射性物質が浮遊しているであろう空に、智恵子の言う「ほんとの空」に現実味を感じることができない彼は、「黒い雨を降らせるこの空のどこがほんとの空なんだ!」と叫ぶ。原発10Km圏内から避難してきた女子生徒は、「机の上に開きっぱなしのままのノートをいつか閉じにいきたい。だって誰も行けない警戒区域にある学校は大きなタイムカプセルみたい。だからいつか開けなきゃ。」と呟く。故郷への思いと原発事故がもたらした現実との間で悩み、苦しみ、もがく。それでも自らの未来を切り開こうと、心を一つに彼らは奮闘する。
主な上演記録
2011年6月 県中地区春の発表会 まほらホール                                                        2011年7月26〜29日 郡山市中町のうすいデパートの向かいの廃ビル2F特設ステージ
2011年9月 ユニット・ラビッツ主催 the 演元気祭 part 1 @まほらホール
2011年10月 県中地区コンクール
2011年11月 いわき芸術交流館アリオス 福島県高等学校演劇コンクール
2011年12月20日〜25日 あさか開成高校稽古場公演
2012年1月5日〜8日 ユニット・ラビッツ主催 the 演元気祭 part 2 @イトーヨーカドー郡山店エントランスホール特設ステージ
2012年3月10〜11日 日本演出者協会フェニックスプロジェクト@笹塚ファクトリー
2012年7月31日 PAW2012 vol.2 @横浜 かなっくホール
備考
-