• 震災高校演劇編集部

青森中央高校演劇部 『もしイタ』被災地応援ツアー   工藤千夏


舞台装置も小道具も、照明も音響も使わない『もしイタ』。

演劇部員全員が舞台を駆け回り、劇中歌を歌い、効果音を肉声で発する。「被災した方々のためになにかさせていただきたい」という部員の希望から生まれた本作は避難所や集会所など「どこでもやれる」必要があったから。

『もしイタ〜もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』舞台写真

 2011年9月から足かけ8年で全国の22都府県50市町と韓国・ソウルで97ステージ上演(2018年11月時点)。そのうちの八戸市、気仙沼市、大船渡市、釜石市、久慈市、仙台市、利府町、宮古市、盛岡市、陸前高田市、石巻市、山元町、塩竃市(野々島)、郡山市、いわき市、女川町、熊本市での公演は被災地応援公演として行われました。移動の多くはバス。その費用の大部分は募金で賄われました。会場の多くは避難所として使われた体育館や集会場で、観客の多くは隣接する仮設住宅団地の住人の方々でした。部員たちは壊滅した港町を歩き、瓦礫の山をいくつも見上げ、いくつもの避難所を清掃しました。自分なりに被災地と向き合うことで、演じる事への覚悟を固めていきました。


 本作は第58回全国高等学校演劇大会(2012年)で最優秀賞を受賞。同校演劇部として3度目の日本一を獲得しています。2014年11月には国内最大規模の国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」、2014年4月には韓国ソウルで行われる国際芸術祭「フェスティバル・ボム」に招待され、好評を得ました。また本作は2015年の映画「幕が上がる」(主演:ももいろクローバーZ)で取り上げられ、全国的な話題となりました。NHKEテレでも繰り返し放送され、多くの演劇ファンに愛されています。



『もしイタ〜もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』舞台写真



フェスティバル/トーキョー14パンフレット掲載の解説文(工藤千夏)より抜粋


 青森市の被害状況は二日間余の停電と灯油不足程度で、津波の被害を被った八戸市や、福島県、岩手県、宮城県と比べるべくもない。演劇部員たちは懸命に考えた。なんとか、演劇で被災地の人々を元気づけることはできないものだろうか。たとえ電気がなくても、劇場でなくてもできる芝居はないだろうか。


 こうして、東日本大震災によってチームメイトや家族を失い、青森に転校してきた主人公の成長を描く『もしイタ~もし高校野球のマネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』が生まれた。大きな特徴は、舞台装置、照明、音響、小道具を使用しないこと。避難所として使用された体育館や集会場での上演しやすさを前提に考案された演出である。ホール上演の際も、地明かりはつけるが、効果音やBGMはすべて肉声のまま。衣裳もTシャツと学校指定のジャージ。とにかくシンプル。すべてを人間が表現するこの演出は、演劇の、芸能の原点を想起させる。


 もう一つの特徴は、全員が常に観客の目にさらされている、つまり、出ずっぱりであること。三十名前後の演劇部員が全員舞台を駆け回り、劇中歌を歌い、木やカラスや時計やチアガールや……それぞれが平均十役以上を演じ分ける。「演技をしたくて演劇部に入った高校生は、全員出演」という演劇部顧問としての畑澤の信念が結実した。

 二〇一二年の全国大会(富山)で上演した『もしイタ』で、青森中央高校演劇部は三度目の最優秀賞を受賞する。審査員の西堂行人氏をして「二〇一二年にこういう作品が生み出されたことは、事件」と言わしめたが、被災地応援公演を積み重ねたからこそ、人の心を打つ作品としての強度を増したのだと思う。八戸市、気仙沼市、大船渡市、釜石市、久慈市、仙台市、利府町、宮古市、盛岡市、陸前高田市、石巻市、山元町、塩竃市などの被災地では、バスで着いた演劇部員たちはまず真っ先に会場を掃除した。椅子も自分たちで並べる。ゲネも場当たりもやらない。乗ってきたバスは避難所からの観客送迎車に転じ、観客はやたら元気なウォーミングアップを観ながら着席する。心から観てもらいたいから、被災された方々に恥ずかしくないように懸命に演じる。そうやって、二〇一一年九月から二〇一四年十一月現在まで、『もしイタ』は全国の十五都府県三十二市町で五十六ステージ上演された。


 では、被災地応援公演を開始した二〇一一年のオリジナル・メンバーの感想を紹介しよう。


○決して生半可な気持ちではできないと、覚悟を決めました。 被災した主人公として、実際の方々の気持ちにどれだけ近づけるか、自分達が元気に演じることで、観て下さった方へ元気を与えられるか、課題は難しく不安も募りました。(工藤和嵯)


○私がまずしたことは図書館に行き、その当時の新聞記事を集めた本を読むことでした。震災当時は毎日暗いテレビしか流されておらず、それが嫌でテレビを見ずに生活していたので、震災についてより多くのことを知ろうと思ったのです。(松野えりか)


○このお芝居はハチャメチャな話になってます。僕は自分で言うのもあれですが、この劇は面白いし好きです。ですが地震で家族や友人を亡くした被災者にこの劇を見せて気分を悪くしたり、いやな思いをしたらと思うと心配でたまりませんでした。でも、劇が終わった後も皆泣きながら帰っていき、「元気になった」「ありがとう」といってくれたことが嬉しくてたまりませんでした。(木谷勇太)


○上演中に大きな地震が来たらどうしようと、被災地にたどり着く直前まで考えていました。震災で困っている人たちの助けになりたくて稽古をしてきたのに、地震という恐怖から逃げたいと思っていることがすごく情けなかったです。(岡崎涼太)


○実際に見るまでは、もう大丈夫だろうとかそこまでではないだろといい加減なことばかり考えていました。ですが、被災地を見たとき本当に言葉を失いました、これが現実なんだなと思いました。(夏井崇仁) 


○自分がどれほど恵まれた生活をしているか、被災地の人たちがどれほどふんばっているか、心に訴えるものがありました。こっちが元気を届けにきたはずが、いつの間にか励まされて元気をもらっていました。(木村妃炉里)


○今まで以上にこの劇への思い入れが強くなりました。(小寺香織)


○被災地で見たのは、温かく迎えて下さった現地の被災者の方々の笑顔でした。この人達がどんなに辛く大変なことを乗り越えてきたのか、全く想像もつかないし、その辛さを乗り越えて尚もこんなに明るい顔で迎えていただけるのかととても驚きました。(木村昭陽)

  

○復興に向けて地元の方々は一歩ずつ前へ歩んでいると考えると、私たちも立ち止まっている訳には行かないのだと痛感しました。(蒔苗有紀子)


 彼らはすにで卒業し、それぞれの進路に進んでいる。そして、後輩たち、何代目かのマネージャーやイタコや野球部員がどこかの体育館で「栄冠は君に輝く」を熱唱している。

   



【上演作品あらすじ】  4月。青森市にある県立賽河高校。その野球部に女子マネージャー、シオリが入部してきます。彼女は1年生の頃、陸上部に入部しており、やり投げでインターハイに出場したほどの選手でしたが怪我のため現役を断念し、陸上部が廃部になったため、2年生のこの時期に野球部に入部したのです。自分が果たせなかった夢を野球部に仮託し、情熱を燃やすシオリでしたが、肝心の野球部は部員が8人しかおらず、やる気のかけらもありません。一念発起したシオリは部員勧誘に乗り出し、転校生カズサに目を留めます。カズサは被災地の学校からこの春転校してきたばかりでした。そして、前の学校では野球部に所属していたというのです。「野球は辞めた」と言いはるカズサをなんとか説得したシオリは「今度はちゃんとしたコーチに来て貰おう」と学校に掛け合います。しかしやってきたコーチはなんと、盲目の老婆、イタコでした。「ワの言うことを聞げば絶対甲子園さ行げる」と豪語する老婆。野球部はいったいどうなってしまうのでしょうか?


【上演記録】

●2011 年

2011/09/18 [東青下北地区大会]明の星ホール(青森県青森市)

2011/10/16[青中央祭11]青森中央高校第1体育館(青森県青森市)

2011/10/28[八戸公演]八戸シーガルビューホテル体育館(青森県八戸市)

2011/10/30[青森県大会]八戸市公民館ホール(青森県八戸市)

2011/11/12[青森公演Ⅰ]ねぶたの家ワ・ラッセ(青森県青森市)

2011/11/26[気仙沼公演]気仙沼市立面瀬中学校ホール(宮城県気仙沼市)

2011/11/26[大船渡公演]大船渡市民交流館カメリアホール(岩手県大船渡市)

2011/11/27[釜石公演]旧釜石商業高校体育館(岩手県釜石市)

2011/12/14[久慈公演]市文化会館アンバーホール(岩手県久慈市)

2011/12/16[東北大会]山形市民会館大ホール(山形県山形市)

2011/12/23[青森公演Ⅱ]八甲田丸多目的ホール(青森県青森市)


●2012年

2012/01/17[青森公演Ⅲ]青森第一高等養護学校(青森県青森市)

2012/02/06[校内公演]青森中央高校大会議室(青森県青森市)

2012/02/11[青森公演Ⅳ]青森中央市民センター(青森県青森市)

2012/03/18[下松公演]スターピアくだまつ(山口県下松市)

2012/06/01[仙台公演]六郷市民センター体育館(宮城県仙台市)

2012/06/02[利府公演]十符の里プラザ文化ホール(宮城県利府町)

2012/06/03[宮古公演]近内地区センター(岩手県宮古市)

2012/07/02[青森中央高校芸術教室]青森市民ホール(青森県青森市)

2012/07/22[全国大会壮行公演Ⅰ]青森市民ホール(青森県青森市)

2012/07/23[全国大会壮行公演Ⅱ]青森市民ホール(青森県青森市)

2012/07/31[青函ワールドオープン記念公演]八甲田丸多目的ホール(青森県青森市)

2012/08/09[白山公演]白山市松任文化会館(石川県白山市)

2012/08/12[全国大会]富山県民会館(富山県富山市)※最優秀賞(文部科学大臣賞)受賞

2012/08/21[青森公演Ⅴ]青森第二高等養護学校体育館(青森県青森市)

2012/08/25[優秀校東京公演]国立劇場大ホール(東京都千代田区)

2012/10/22[全国大会最優秀賞記念公演]青森市民ホール(青森県青森市)


●2013 年

2013/02/11[高松公演]サンポート高松第1小ホール(香川県高松市)

2013/05/31[盛岡公演]おでってホール(岩手県盛岡市)

2013/06/01[陸前高田公演]未来商店街多目的ホール(岩手県陸前高田市)

2013/06/02[石巻公演]石巻中央公民館(宮城県石巻市)

2013/06/08[青森公演Ⅵ]青森中央短期大学学術交流館(青森県青森市)

2013/06/09[中学生WS素材上演]八甲田丸多目的ホール(青森県青森市)

2013/06/22[弘前公演]弘前中三スペースアストロ(青森県弘前市)

2013/08/05[夏の全国ツアー]国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)

2013/08/05[夏の全国ツアー]国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)

2013/08/06[夏の全国ツアー]宇都宮市文化会館(栃木県宇都宮市)

2013/08/07[夏の全国ツアー]すばるホール(大阪府富田林市)

2013/08/08[夏の全国ツアー]箕面メイプルホール(大阪府箕面市)

2013/08/09[夏の全国ツアー]池田市民文化会館(大阪府池田市)

2013/11/10 [冬の全国ツアー]大船渡高校体育館(岩手県大船渡市)

2013/12/05 [全国高文連研究大会]秋田キャッスルホテル(秋田県秋田市)

2013/12/23 [冬の全国ツアー]小美玉市四季文化会館(茨城県小美玉市)

2013/12/24 [冬の全国ツアー]大東コミュニティセンター(岩手県一関市)


●2014 年

2014/03/08[防災シンポジウム]アピオあおもり(青森県青森市)

2014/06/06[山元公演]山元町立山下小学校(宮城県亘理郡山元町)

2014/06/07[仙台公演Ⅱ]仙台市立仙台大志高校(宮城県仙台市)

2014/06/08[野々島公演]野々島ブルーセンター(宮城県塩竈市浦戸野々島)

2014/06/10[能代西高校芸術教室]能代市民会館(秋田県能代市)

2014/06/21[青森公演Ⅶ]青森中央短期大学学術交流館2F(青森県青森市)

2014/07/03[青森中央高校創立110周年記念公演]青森市民ホール(青森県青森市)

2014/07/31[茅ヶ崎公演]茅ヶ崎市民文化会館(神奈川県茅ヶ崎市)

2014/11/08[佃中学校芸術教室]佃中学校体育館(青森県青森市)

2014/11/18[技術力向上・広報研修会]県民福祉プラザ(青森県青森市)

2014/11/01[国民文化祭あきた]康楽館(秋田県小坂町)

2014/11/02[前橋公演]群馬会館(群馬県前橋市)

2014/11/28[フェスティバル/トーキョー]にしすがも創造舎(東京都豊島区)

2014/11/29[フェスティバル/トーキョー]にしすがも創造舎(東京都豊島区)


●2015 年

2015/03/07 [福島公演]福島県文化センター(福島県福島市)

2015/03/08[芸術のミナト☆新潟演劇祭]りゅーとぴあ(新潟県新潟市)

2015/04/17[ソウル公演]元墨高校視聴覚室(韓国・ソウル特別市)

2015/04/18[フェスティバル・ボム]アートスペース・ムラエ(韓国・ソウル特別市)

2015/07/04[東青下北地区夏季発表会]明の星ホール(青森県青森市)

2015/07/11[寺山修司演劇祭2015]星野リゾート青森屋(青森県三沢市)

2015/07/12[寺山修司演劇祭2015]星野リゾート青森屋(青森県三沢市)

2015/08/04[夏の全国ツアー]郡山市民文化センターリハーサル室(福島県郡山市)

2015/08/05[夏の全国ツアー]いわき芸術文化交流館アリオス小劇場(福島県いわき市)

2015/08/06[夏の全国ツアー]国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)

2015/08/30[英語字幕公演]ねぶたの家ワ・ラッセ(青森県青森市)

2015/08/30[英語字幕公演]ねぶたの家ワ・ラッセ(青森県青森市)


●2016年

2016/05/29[WS素材上演]リンクステーションホールリハーサル室(青森県青森市)

2016/08/19[南伊勢公演]ふれあいセンターなんとう(三重県南伊勢町)

2016/08/20[津公演(三重版にゲスト参加)]三重県総合文化センター(三重県津市)

2016/08/20[津公演]三重県総合文化センター(三重県津市)

2016/08/21[津公演]三重県総合文化センター(三重県津市)

2016/10/23[五所川原公演]七和福祉プラザ(青森県五所川原市)

2016/11/12[盛岡公演]盛岡劇場タウンホール(岩手県盛岡市)

2016/02/09[赤十字第1ブロック支部合同救護訓練]青森大学記念ホール(青森県青森市)


●2017年

2017/07/02[東青下北地区夏季大会]明の星ホール(青森県青森市)

2017/07/15[青中央祭17]青森中央高校第1体育館(青森県青森市)

2017/07/21[公開ゲネプロ]青森県総合社会教育センター(青森県青森市)

2017/07/23[九州ツアー]都城市総合文化ホールMJ(宮崎県都城市)

2017/07/24[九州ツアー]水前寺共済会館グレーシア(熊本県熊本市)

2017/07/25[九州ツアー]サザンクス築後(福岡県筑後市)

2017/10/28[女川公演]女川町まちなか交流館(宮城県女川町)

2017/10/29[仙台公演]仙台高校大講義室(宮城県仙台市)

2017/11/03[青森公演]ねぶたの家ワ・ラッセ(青森県青森市)

2017/11/03[青森公演]ねぶたの家ワ・ラッセ(青森県青森市)


●2018 年

2018/04/12[新入生歓迎公演]青森中央高校多目的ホール(青森県青森市)

2018/06/02[第1回なべげんイタコ演劇祭]青森県総合社会教育センター(青森県青森市)

2018/06/03[第1回なべげんイタコ演劇祭]青森県総合社会教育センター(青森県青森市)

2018/07/15[青中央祭18]青森中央高校第1体育館(青森県青森市)

2018/08/22[伊丹公演]アイホール(伊丹市立演劇ホール)(兵庫県伊丹市)

2018/08/22[伊丹公演]アイホール(伊丹市立演劇ホール)(兵庫県伊丹市)

2018/09/01[二戸公演]二戸市文化会館中ホール(岩手県二戸市)

2018/10/06[鹿角公演]鹿角市立花輪第二中学校体育館(秋田県鹿角市)

2018/11/09[木造高校芸術教室]木造高校体育館(青森県つがる市)


22都府県 50市町(区) +海外(韓国) 97ステージ

2019年2月26日現在

15回の閲覧

©2018. 震災高校演劇アーカイブ Official site. All Rights Reserved.

協  力 全国高等学校演劇協議会  

     東北地区高等学校演劇協議会

​企画制作 (一社)日本劇作家協会高校演劇委員会 

     (一社)日本劇作家協会東北支部

            なべげんわーく合同会社

  • 劇作家協会ロゴ
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now